カリキュラム

<子ども福祉学科>


カリキュラム

社会福祉学部でこそ習得できる幅広い知識とノウハウ。
実践と理論のバランスのとれた学びを通して、人としての成長を目指します。

科目 1年次 2年次
基  礎  科  目
  • スポーツ
  • スポーツ理論
  • 英語Ⅰ・Ⅱ
  • 学習方法演習Ⅰ・Ⅱ
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 英語Ⅲ・Ⅳ
  • 言葉と文化(英語)Ⅰ・Ⅱ
  • 言葉と文化(中国語)Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • 情報処理演習Ⅱ
主  題  科  目
  • ボランティア入門
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 日本語表現
  • 文書処理演習
  • 器楽Ⅰ
  • 幼児体育Ⅰ
  • 教養ゼミⅠ・Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 器楽Ⅱ・Ⅲ
  • 教養ゼミⅢ
専門基本科目
  • 社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ
  • 児童・家庭福祉論
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会学
  • 障害者福祉論
  • 社会福祉施設経営論
専門展開科目
  • ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児教育者論
  • 幼児教育原理
  • 教育課程総論
  • 教育課程論
  • 保育原理Ⅰ・Ⅱ
  • 社会的養護Ⅰ・Ⅱ
  • 子どもの保健
  • 幼児と健康
  • 幼児と人間関係
  • 幼児と環境
  • 幼児と言葉
  • 幼児と音楽表現
  • 幼児と造形表現
  • 保育内容(言葉)指導法Ⅰ
  • 乳児保育Ⅰ・Ⅱ(1)
  • 早期現場体験指導
  • 早期現場体験
  • 海外文化・福祉事情
  • ソーシャルワーク論Ⅲ・Ⅳ
  • ソーシャルワーク演習Ⅰ
  • 子ども家庭支援論
  • 保育者論
  • 発達心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児教育心理学
  • 医学一般 母子保健
  • 子どもの健康と安全
  • 障害児保育
  • 障害児保育演習Ⅰ
  • 保育内容(健康)指導法Ⅰ・Ⅱ
  • 保育内容(人間関係)指導法Ⅰ・Ⅱ(2)
  • 保育内容(環境)指導法
  • 保育内容(言葉)指導法Ⅱ
  • 保育内容(音楽表現)指導法Ⅰ・Ⅱ
  • 保育内容(造形表現)指導法Ⅰ・Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅰ-A・Ⅰ-B・Ⅱ
  • 保育実習Ⅰ-A・Ⅰ-B・Ⅱ
  • 教育制度論
科目 3年次 4年次
基  礎  科  目
  • レクリエーション活動Ⅰ・Ⅱ
  • 言葉と文化(英語)Ⅲ・Ⅳ
  • 言葉と文化(中国語)Ⅲ・Ⅳ
 
主  題  科  目
  • 健康科学
  • 生命科学
  • 器楽Ⅳ
  • 自然科学
  • 日本文学
  •  
  • 日本史Ⅰ・Ⅱ
  • 哲学
  •  
  • 宗教学
  • 人文地理
  • 子どもと文化
  • 法学(憲法)Ⅰ
  • 法学Ⅱ
  • 経済学Ⅰ
  • 白山市の自然と文化
  • 自然地理
  • 地誌
  • 東洋史
  • 西洋史
  • 政治学
  • 経済学Ⅱ
  • 統計学
専門基本科目
  • 高齢者福祉論
  • 介護福祉論Ⅰ・Ⅱ
  • 社会保障論Ⅰ・Ⅱ
  • 公的扶助論
  • 地域福祉論Ⅰ・Ⅱ
  • 社会調査
  • 医療福祉論
  • 社会福祉史
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 就労支援
  • 権利擁護と成年後見
  • 更生保護
専門展開科目
  • ソーシャルワーク論Ⅴ・Ⅵ
  • ソーシャルワーク演習Ⅱ・Ⅲ
  • 子育て支援
  • 保育方法論
  • 子どもの理解と援助
  • 臨床心理学Ⅰ・Ⅱ
  • カウンセリングⅠ・Ⅱ
  • 幼児理解と教育相談
  • 子ども家庭支援の心理学
  • リハビリテーション論
  • 障害児保育演習Ⅱ
  • 生活支援技術Ⅰ
  •  
  • 子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ
  • ソーシャルワーク実習指導Ⅰ・Ⅱ
  • ソーシャルワーク実習Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児教育実習指導(3)
  • 幼児教育実習Ⅰ
  • ジェンダー
  • 基礎ゼミⅠ・Ⅱ
  • ソーシャルワーク演習Ⅳ・Ⅴ
  • 公衆衛生学
  • 生理学
  • 特別支援教育概論
  • 手話
  • 点字
  • ソーシャルワーク実習指導Ⅲ
  • 幼児教育実習指導
  • 幼児教育実習Ⅱ
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 国際福祉政策
  • 福祉総合学習
  • 福祉総合演習
  • 卒業研究ゼミⅠ・Ⅱ
  • 卒業論文

●卒業要件=合計132単位以上

  • ・基礎・主題科目=30単位以上(必修12単位・選択18単位)
  • ・専門基本科目=26単位以上(必修12単位・選択14単位)
  • ・専門展開科目=58単位以上(卒業論文又は事例研究のどちらか4単位以上を含む。)
  • ※上記は2019年度のカリキュラムです。2020年度のカリキュラムは変更される場合があります。

履修系統図

履修系統図は、学生が身につけるべき知識・能力と授業科目との間の対応関係を示しています。
» 履修系統図

主な科目紹介

  • (1) 乳児保育Ⅰ・Ⅱ

    0、1、2歳の幼い子どもの入園は増えており、生活時間の大半を過ごす園での保育者の役割は重要で、乳児の健やかな成長を支えるための専門性が求められます。知識ばかりでなく現場に即した演習を通して学びます。

    乳児保育Ⅰ・Ⅱ
  • (2) 保育内容(人間関係)指導法Ⅰ・Ⅱ

    子どもは、全身を使って他者と関わり、自らの対人世界を広げていきます。実際に心と体を動かす体験を通して、自らの人間関係の変化について考えながら、乳幼児期の人間関係の発達やそれを支える保育者の役割について学びます。

    保育内容(人間関係の指導Ⅰ・Ⅱ)
  • (3) 幼児教育実習指導

    実習で出会う子どもたちを思い描いて教材研究に取り組みます。子どもの育ちや興味・関心、伝えたいことを考え、「一緒に楽しみたい!」という思いを込めて作ったオリジナルの教材を用いることで、実習本番での学びが深まります。

    図画工作Ⅱ