カリキュラム

<理学療法学科>


カリキュラム

1年次から段階を踏んで、医療現場に携わる人としての自覚や責任感をしっかりと確認していくカリキュラム。
学んだ知識と技術を実習で確認し、見つめ直す有意義な4年間です。

科目 1年次 2年次
基  礎  科  目
  • スポーツ
  • レクリエーション活動Ⅰ・Ⅱ
  • 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ理論
  • 言葉と文化(英語)Ⅰ・Ⅱ
  • 言葉と文化(中国語)Ⅰ・Ⅱ
主  題  科  目
  • ボランティア入門
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 自然科学Ⅰ(生物系)
  • 自然科学Ⅱ(物理系)
  • 自然科学Ⅲ(数学系)
  • 自然科学Ⅳ(化学系)
  • 自然科学概論
  • 高齢者福祉論
  • 障害者福祉論
  • 美術 日本史Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 健康科学
  • 生命と医療の倫理
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 社会学
  • 法学(憲法)Ⅰ
  • 法学Ⅱ
  • 日本文学Ⅰ・Ⅱ
専門基本科目
  • 解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 解剖学実習
  • 生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 生理学実習
  • 医学概論
  • 安全管理
  • 感染防御
  • 公衆衛生学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論 社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ
  • 解剖学Ⅳ
  • 運動学Ⅰ・Ⅱ
  • 運動学実習
  • 人間発達学
  • 病理学
  • 臨床心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 精神医学
  • 内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 整形外科学Ⅰ・Ⅱ
  • 神経内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児科学 老年学
専門展開科目
  • 理学療法学概論
  • 理学療法評価概論
  • 見学実習
  • 地域支援実習(1)
  • 基礎理学療法治療学
  • 検査・測定論Ⅰ・Ⅱ
  • 検査・測定実習Ⅰ・Ⅱ
  • 運動療法学Ⅰ・Ⅱ
  • 物理療法学
  • 物理療法実習
  • 日常生活活動学
  • 日常生活活動実習
  • 早期体験実習(OSCE)
科目 3年次 4年次
基  礎  科  目
  • 医学英語
 
主  題  科  目
  • 統計学
  • 人文地理
  • ソーシャルワーク論Ⅰ
  • 介護福祉論Ⅰ
  • 医療関係法
  • 東洋史
  • ソーシャルワーク論Ⅱ
  • 介護福祉論Ⅱ
専門基本科目
  • カウンセリング演習
  • 高齢者の心理
  • 障害者の心理
  • ケアマネージメント
専門展開科目
  • 理学療法研究法
  • 病態運動学
  • 運動療法学実習(2)
  • 義肢装具学
  • 義肢装具実習
  • 理学療法治療学Ⅰ(運動器)
  • 理学療法治療学Ⅱ(中枢1)
  • 理学療法治療学Ⅲ(中枢2)
  • 理学療法治療学Ⅳ(内部障害)
  • 理学療法治療学Ⅴ(小児)
  • スポーツリハビリテーション(3)
  • ケーススタディ演習
  • リハビリテーション・マネジメント演習
  • 理学療法治療学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 地域リハビリテーション
  • 生活環境学
  • リハビリテーション関連機器
  • 地域福祉論
  • 臨床評価実習
  • 基礎ゼミⅠ・Ⅱ
  • 卒業研究ゼミⅠ
  • 卒業論文
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究ゼミⅡ
  • 卒業論文
  • 総合学習

●卒業要件=合計127単位以上

履修系統図

履修系統図は、学生が身につけるべき知識・能力と授業科目との間の対応関係を示しています。
» 履修系統図

主な科目紹介

  • (1) 地域支援実習

    学生と教員が地域の対象者の所に出向き、そこで行われる理学療法を実際に体験する科目です。具体的な内容は高齢者の介護予防、子どもの足の計測と靴の調整、中高生の部活動場面でのトレーニング指導などがあります。この体験をとおして理学療法士としての将来像を早期に明確にすることができます。

    地域支援実習
  • (2) 運動療法学実習

    運動療法は、運動を通じて身体の機能の改善を図る治療手段です。筋力を強くしたり、身体の柔軟性を改善したりするための手技を学びます。その際、実際の患者さんを想定して行いますので、健常者が行うように簡単には運動ができません。さらに、医療者としてのリスク管理や禁忌(やってはいけないこと)なども同時に学びます。

    運動療法学実習
  • (3) スポーツリハビリテーション

    スポーツによっておこる損傷・機能不全は様々ありますが、各スポーツ特有の損傷・機能不全もあります。スポーツ特有の損傷・機能不全と各関節ごとに起こりやすい損傷・機能不全を、メカニ ズムを含めて学んでいきます。損傷・機能不全の発生からスポーツ復帰までのリハビリテーションを実践できるように、知識と技術を修得します。

    スポーツリハビリテーション