TOP社会福祉学部> 子ども福祉学科

こども専攻授業風景

保育内容(音楽表現)指導法の授業の様子

社会福祉の視点を持った
保育のエキスパートへ。

社会福祉学部で、社会福祉士を目指す学生たちと専門的なカリキュラムの中で学ぶことができます。保育(養護+教育)、発達支援はもちろん、社会福祉分野も学び、家庭や地域へのまなざしを持 ち、子どもをとらえる力を身につけられる場です。

自分自身が実感を持って
子どもを、理論を理解する。

まずは知識から入るのではなく、自ら子どもの立場に立って遊びを体験し、その実感の中で子どもを捉え、理論を理解することを大切にしています。「実践→理論→実践」のくり返しにより、日々 変化する子どもと向き合っていく力を養います。

活躍の場が広がる
トリプルライセンスも可能。

保育士、幼稚園教諭1種免許状に加え、指定科目を履修することで、社会福祉士国家試験受験資格も得られ、トリプルライセンス取得が可能です。社会や家庭環境が多様化するなかで、活躍の場 は子どもに関するさまざまな分野に広がっています。

KINJO VOICE

KINJO VOICE

幼児教育+社会福祉の勉強で
視野と可能性が広がりました

東野 楓
子ども福祉学科 3年
(石川県・小松大谷高校出身)

金城大学のダブルライセンス取得とカリキュラムの充実ぶりは非常に魅力的でした。さらに、国家資格の社会福祉士の取得も目指せるため、保育士・幼稚園教諭・社会福祉士のトリプルライセンスを取得して、公務員として福祉の仕事で活躍している先輩もいらっしゃいます。
子ども福祉学科でも、社会福祉の授業が必ずあります。私は幼い頃から保育士以外を考えていませんでしたが、実習で障害者施設を訪れたり、児童養護施設で乳児の保育を体験したことで、乳児院にも興味を持ちました。子どもたちの心のケアに携わりたいと思えたのは、幼児教育や福祉の知識が活かせるやりがいがある仕事だと感じたからです。3年次からは児童福祉を専門としている先生のゼミで、乳児院をテーマに卒業論文の研究をする予定です。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種
  • 社会福祉士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童福祉司任用資格 ※要実務経験
  • 児童指導員任用資格
  • ※社会福祉士など一定期間以上福祉業務の実務経験が必要

取得を目指す資格

  • 介護職員初任者研修
  • 福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)

卒業後の主な活躍の場

  • 保育所
  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 児童福祉施設
  • 福祉施設
  • 医療施設
  • 高齢者福祉施設
  • 障害者福祉施設
  • 一般企業 など