TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >医療情報コース

医療情報コースイメージ

診療報酬請求演習の授業の様子

情報管理の基礎となる
医学知識を確実に身につける。

診療にまつわる記録を収集し、点検・管理をするのが、診療情報管理士の大きな役目です。そのために、医学知識の基礎を学び、病院や疾病について理解していることが求められます。この分野で実績を持つ教員が、覚え方から丁寧に指導します。

ICTを使った情報管理を学び
より良い医療に貢献する人材に。

記録を集めて管理するだけでなく、それを分析し、医療安全や病院経営、そして地域医療に役立つ統計情報として、提供するのもまた、診療情報管理士の仕事です。必要なICTのスキル、社会福祉の知識についても、基礎から身につけられます。

資格取得に向け充実した
サポートで将来を描く。

社会福祉学部で学ぶため、指定科目を履修することで、社会福祉士の受験資格も得られ、診療情報管理士とのダブルライセンスを目指せます。そのほか、在学中に取得できる資格も計画的に受験し取得できるよう、サポートが充実しています。

学生の声

学生の声

医学知識やデータ管理が面白い
医療情報コースが僕の正解

宮本 亘貴
社会福祉学科 医療情報コース 4年
(福井県・鯖江高校出身)

オリエンテーションで、入学直後なら社会福祉学科内でのコース変更が可能と聞き、社会福祉コースから医療情報コースに変更しました。受験時は介護や福祉を学ぶ大学という漠然としたイメージしかありませんでしたが、コースごとの具体的な勉強内容や取得できる資格を理解して、自分に合うコースに進めたので後悔はありません。新設されたばかりの医療情報コース1期生で、相談できる先輩がおらず、試験対策や就職活動は手探りでしたが、クラスの仲間との絆はより一層強くなりました。卒業後は医療情報技師の資格を取得して、総合病院や大学病院で活躍するのが目標です。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 診療情報管理士認定試験受験資格(3年次より受験可能)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験合格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

取得を目指す資格

  • 福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

  • 医療情報技師(JAMI認定)
  • 上級医療情報技師(JIME認定)
  • 医療経営士1~3級(JMMP認定)
  • 医業経営コンサルティング(JAHMC認定)

卒業後の主な活躍の場(予定)

  • 大学病院
  • 日赤病院、済生会病院、厚生連病院
  • 国立・県立・市立病院
  • 民間病院(DPC対象病院)
  • 企業(製薬会社、医業コンサルタント会社、一般企業)
  • 大学院進学、留学 など

診療情報管理士の仕事とは

「診療情報管理士」は、電子カルテの導入や患者さんへの医療情報の開示が進む医療業界で、カルテの管理・分析の専門家として医療の質の向上を支えることが仕事です。日本病院会が行う認定試験によって資格取得ができます。
患者さんの疾病や病状、手術や検査記録、治療内容などのデータを適切に管理・分析・活用し、医師と専門的な会話ができるだけの医学知識、病院の運営管理に関わるマネジメント能力、医師や看護師たちとのコミュニケーション能力など幅広いスキルと資質が必要とされます。

診療情報管理士の仕事とは