TOP 医療健康学部 > 作業療法学科

作業療法学科授業風景

筋電図で腕の動きを分析している様子

気持ちに寄り添う作業療法士を育成。

けがや障がいを負った患者さんが自立(または自律)した生活を送れるように、身体、精神、社会、職業、趣味、教育の側面を改善させる技能を学びます。

確実な学びをサポートする仕組み。

入学時から教員が各学生を個別にサポートする修学担当制を取り、専門性の高い学びへの移行をサポートします。

世界に羽ばたく作業療法士を育成。

世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校である本学の卒業によって、世界で活躍するチャンスが得られます。

学生の声

学生の声

皆が同じスタートラインに立ち
作業療法士を目指しています

半田 あさひ
作業療法学科 4年
(石川県・小松商業高校出身)

部活で陸上競技をしていたころから身体やリハビリテーションに関心がありました。リハビリテーションというと身体を動かすことが治療だと思っていましたが、作業療法士をしている先輩から「心のケアもリハビリのひとつ」と教わり、さらに興味を深めました。大学の勉強に、商業科出身の私がついていけるのか心配でしたが、専門科目は出身高校に関わらず、誰もが同じスタートラインに立つので、みんなと一緒に同じ目標に向かって頑張っていけます。学外実習も不安がありましたが、事前に大学で勉強会があったので、自信をもって臨めました。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 作業療法士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

取得を目指す資格

  • 福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)
    ※作業療法士など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 小児病院
  • 精神科病院
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 障害者福祉センター
  • 行政機関(市役所・保健所) など