TOP 医療健康学部 > 理学療法学科

理学療法学科授業風景

三次元動作解析装置を用いた動作分析の実習の様子

地域連携プロジェクトで実践力を磨く。

幅広い年代の方とコミュニケーションを経験しながら実践的な学びを深めます。

初学年から丁寧に修学担当がサポート。

修学担当教員が学生一人ひとりと向き合い、学生が主体的に課題を解決していけるよう支援します。

早期から国家試験に備える。

模擬試験や基礎学力個別指導など、きめ細かな対策によって、毎年全国平均を上回る合格率を達成しています。

学生の声

学生の声

実習で理論と実技がつながり
学ぶ楽しさが倍増しました

近藤 大晟
理学療法学科4年
(福井県・羽水高校出身)

理学療法士は、基礎をしっかり学んでおくことが大切です。それを強く感じたのは、学外実習で初めて患者さんを担当したときです。授業で学んだ理論と実技が頭の中でつながり、理解が一気に深まりました。専門用語を覚え、教科書を読み込んでいたから、現場で自信を持って行動できたと思います。先生に授業で「ここは大事だぞ」と言われていたことも役立ちました。理学療法士は国家試験に合格した後も、呼吸やスポーツ、神経などの分野で専門性を高めることができます。なかでも僕は、早期治療で回復を早める急性期リハビリテーションに関心があり、就職後も大学病院で働きながら成長したいと思っています。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 理学療法士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

取得を目指す資格

  • 福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)
    ※理学療法士など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 小児病院
  • 精神科病院
  • 診療所
  • 老人保健施設
  • 障害者福祉センター
  • デイサービス など